改訂[開講]デザイン、その前に。PRE-DESIGN講座

blog

こんにちは。
[gladly Gra.D]高橋直美です。
お越しいただきありがとうございます。

いろいろ、あらためました。

たびたびご無沙汰しております。
今年もよろしくお願いいたしますー!

音沙汰ないなーと思われているかもしれませんが
裏では真面目にお仕事しておりますのでご安心を♡

コロナ禍ではありますが
特に大きな影響があるというわけでもなく
(昨年はちょっと影響ありましたけどね)
お仕事ぼちぼちやっております。

成果品をアップしようと思いながらも
まさかの2020年のものをひとつもアップしてない件。
クライアントさまゴメンナサイーー!
画像だけでもアップできるよう心掛けます!!

さてこの文章。

実は一度書いたものなのですが、
どうしても改訂したくて、ここから先を一部再編集しております。

技術と知識

自分の事業を見直しながら、気づいたことがありました。
それは、提供できるものがふたつあるということ。

ひとつは、デザインという「技術」
そしてもうひとつは、デザインに対する「知識」

このふたつは、似ているようで異なる存在。
わたしが本来提供するべきものは、おそらく技術であるはず。

ならば
「技術」は高く「知識」は安く
提供したいと改めて思ったのでした。

それなのに、プレデザイン講座は
「知識」までをも高く売るところでした。うう、情けない。

と、反省いたしまして、再編集のうえ再投稿させていただきます。

クライアントさまとの温度差問題。

さて。
デザインのお仕事をさせていただくことで
常々感じていることがあります。

それは、クライアントさまとの温度差とでもいいますか。

もちろん、初めてデザイナーとお仕事をするとなれば
どのように接したらいいか、分からないのが当然ですが。

デザイナーに全部お任せで!という人や、
逆に、デザイナーはこちらの指示通りに!という人、
思ったのと違うけど、デザイナーが全部正解、という人も

ちょっとだけ、このブログを読んでいただきたく!

デザイナーは魔法使いじゃない。

例えば、名刺をお願いします!と依頼を受けて
どうしますか?と聞いた答えが「お任せで!」だとします。

これが、普段からプライベートでも交流のある
仲の良い友人であれば、お任せでも対応できますが

今日、はじめてお会いした方に言われても困ります。

わたしはあなたのこと、何にも知りませんから。

超能力でもあれば、初見のクライアントさまのことも
なんでもお見通し!となるかもしれませんが
残念ながら、そのような能力は持ち合わせておりませぬ。笑

あなたの○○を聞かせてください。

何を創りたいか?

例えば名刺、ロゴ、商品ラベル、チラシ、パンフレットなどなど。

それは何故、創りたいのでしょう?
そしてあなたは何故、その事業や商品に携わっているのでしょう?

これらの「何故?」すなわち意図を、お伝えしていただきたいのです。

そう、大切なのは、意図!

意図って、糸とおんなじで、
クライアントさまのタテ糸に、デザイナーのヨコ糸を通すことで
意図をカタチにしていくのだと思ってます。

さあ一緒に、中島みゆきの「糸」を唄いましょう♫笑

案外自分のことは分からない。

さあ、お話しください!
と言われて、意図をスラスラと話せる人って実は少ないのですよ。

それは何故かと言うと、特に女性の事業者さんに多い印象ですが
感覚優位でお仕事をされているため、言語化されていないんですね。

意図がないのではなく、言語化されていないだけ!
ていうか意図がないことは事業になりようがないから。

ということで、

PRE-DESIGN講座を開講します!

内容は、

  • 意図の棚卸しと整理について
  • デザイナーとの信頼関係のつくりかた
  • デザイナーへのNGワード
  • 本当に必要なツール、不要なツール
  • 自分でデザインするときのコツ

についてのお話となります。

受講することで身につくこと。

こちらの講座を受講することによる効能は

  • 自分の事業や商品についての棚卸しができる
  • デザインの仕組みがわかる
  • 本当につくるべきツールがわかる
  • デザイナーとの付き合い方が円滑になる(かも?笑

わたし以外のデザイナーさんや、印刷会社さんとの付き合い方も
この講座を受講することでだいぶ円滑になるんじゃないかな?と思います。
とはいえ、いろんな人がいるので一概には言えませんが、、汗

 

デザイン、その前に。PRE-DESIGN講座
オンラインおよび対面にて随時、開講してまいります。
90分程度、受講料3,000円です。

日程が決まり次第、
Facebookのイベントページにてご案内いたします。

リクエスト開催も可能です。
リクエストはコチラからどうぞ

Request