[起業、その前に]②起業時にやるべき3つのこと

blog

この記事は2017年8月にアメブロで執筆したものを再編集しております。

こんにちは。
[gladly Gra.D]高橋直美です。
お越しいただきありがとうございます。

今回は、起業する際にやっておくべき3つのことをお話しいたします。

本気で起業する覚悟

起業している人の中には
個人事業主として開業届を提出していない人もいるかと思います。

本気で起業を考えているのであれば
何はなくとも開業届を提出してくださいね。

結婚するときに、役所に婚姻届を出すように
やること自体は「紙切れ1枚」の出来事ではあるけれど
それによって伴う「覚悟」が生まれます。

個人事業主として、この仕事で食べていこう
という決意表明をするのです。

言うなれば、自分と仕事の婚姻届。
提出することで、確定申告という義務も生まれますし、
そのための責任も発生します。

面倒でもそれをやっていくという覚悟があってこそ
先に進めるのだとわたしは思います。

屋号というブランディング

屋号を決めること。
起業する上で一番はじめに行うブランディングです。

例えば子どもが産まれたら、どんな名前を付けますか?

名前に憧れの芸能人を重ねたり
おじいちゃんから一文字もらったり(←わたしの名前です
名付けにも色々あると思いますが

どんな子に育ってほしいか、願いを込めて付けられた名前ってありますよね。

それと同じように、自分の「事業所」に対して、まずは名前を付けてほしいのです。
今はないとしても、必ず付けてください!
なんでもいいや、ではなく、熟考してください。

その名前が世界に羽ばたくかもしれないわけですから!

わたしの屋号の意味については、トップページをご覧くださいね。

もし屋号を決めかねている方は、一緒に考えることができますので
ぜひ戦略会議をご利用ください!

プロフィールは明確に

そして、可能な限り顔写真は載せておきたいですね。

キラキラ自撮りを載せまくれ!という訳ではありません。
せめてプロフィール画像はちゃんと掲載したほうがいい、ということです。

人となりは、顔に出ます。
100の記事より大切なのは、あなたの顔です。

美人とか不細工とか、そういったことは問題ではありません。
お客さまが見るのは顔から滲み出る「人間性」の部分なのです。

例えば同一のサービスを、同じ価格、同じ地域で出している人がいて
ブログやメルマガなどの内容にも、あまり大差がないとしたら

決め手になるのは「どんな人なのか」という部分です。

そこで、顔出ししている人と顔出ししていない人なら、どちらを選びますか?

わたしなら、人となりが分かる方を選びます。
顔を見た結果、胡散臭い!と感じることもあるかもしれませんが 苦笑

これも「覚悟」のひとつです。
自分の顔こそが「商品の顔」ですから♡

また、顔写真以外にも
丁寧に自分自身のプロフィールを書いておくこと
前回の記事にある「ストーリー」を記載しておくことで、
お客さまからの信頼度は高くなります。

[起業、その前に]①自分を知ること
今回は、グラフィックデザインよりもっと手前の部分「自分を知ること」についてお話しいたします。

そして顔写真は可能な限り、プロに撮影を依頼したほうが良いでしょう。

自撮りはどこか不自然です。

美肌アプリで加工した偽りの自撮り写真を載せるより
お金を掛けてでも自分の良さを自然に引き出してくれる人に
撮影をお願いしたほうが遥かに良いと思います。

ただ単に見た目が綺麗な写真よりも
実際に対面した時に安心感を得られるような写真にしましょう。

まとめ

起業時にやるべきことを3つ書きましたが、
言われてみればごく当たり前のことかもしれないですよね。

でも、この当たり前のことを
案外先延ばしにしていたりするものなのです。

起業を考えているけれど、ひとりで準備するのが不安という方は
戦略会議やトータルプロデュースプランでお役に立てると思いますので
ぜひお声がけくださいね!

Creative